2010年5月17日月曜日

睡眠時無呼吸症候群について

60代男性の方、数年前より睡眠時無呼吸症候群と診断される。夜寝る時には、酸素マスクを着用して寝られるそうです。治療は2月から始めました。「上工治未病」の脈診では脾臓の亢進を確認しました。1回目は他に亢進した臓器がなかったので、腎臓を治療しました。2回目は腰痛を発症されたため、再検査しました。すると肝臓の亢進が判明しました。脾臓と肝臓の亢進ですから、肺臓の経穴を刺激して、レベルを底上げしました。1週間前に、今まで一晩50回無呼吸があったのが、2回になったよと伺いました。睡眠時無呼吸症候群に「上工治未病」をお勧めします。

0 件のコメント:

コメントを投稿