2010年12月19日日曜日

パーキンソン パーキンソン病 パーキンソン症候群について

70代女性の方、2年前、健康診断で手の震えを指摘され、クリニックに受診。パーキンソン病と診断される。その時のショックは酷かったそうです。アーテン1日2錠服用。振るえ止まらず。この方の歩き方を拝見しました。パーキンソンの歩き方ではない。手の震えは、中風に関係しています。簡単に言えば脳卒中です。震えは肝臓に属します。症は肝風内動です。ドクターも中医学位は勉強してほしいです。今の医療は葉は見ても、木全体は見ません。可笑しな事だと思いませんか?中風はパーキンソン病とは別です。この方の手の震えは、激しい。肝臓が強い事を表しています。1回目は肝臓と脾臓が強いタイプで肺臓を補いました。2回目以降は肝臓のみ強いタイプで、治療は脾臓を補いました。今日で4回目ですが、だんだん震えが良くなっています。

0 件のコメント:

コメントを投稿