2010年6月4日金曜日

パーキンソン パーキンソン病 パーキンソン症候群について

50代女性の方、症状は去年の夏ごろから、歩行が悪くなったそうです。その頃から腰も曲がってきたそうです。今日来院されて、様子を伺ったところ、腰が伸びてきたそうです。歩行は変わらないそうです。腰の曲がったのも針治療は有効なんだと思いました。「上工治未病」の脈診では脾臓が強い状態が判明。最初は腎臓も強いと思いましたが、強く出るのはかえって、弱い場合もあります。この方は腎臓は弱いタイプです。強いのは脾臓だけですから、腎臓を底上げしました。2番8本で、2センチ刺入、15分置鍼しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿