2010年3月8日月曜日

パーキンソン

4~5年前より動作が鈍くなり、手の震えも発症。1年前よりパーキンソン症候群と診断される。薬はドーパミン製剤1日3回1錠ずつ服用。薬を飲んでも良くなったという実感はないそうです。この方は遠くまで鍼灸院に通っていました。通うのに疲れて近くで、鍼灸院を探されていました。インターネットで、当院の事を知って来院されました。自律神経の乱れが顕著で、難しい脈でした。1回は腎臓と脾臓の亢進に診えました。肝臓を治療しました。結果良くなっかたので、詳しく検査してみたら、腎臓と心臓の亢進が判明しました。脾臓のレベルを上げました。これも良くなっかたので、3回目はより詳しく検査しました。腎臓のみの亢進と判明しました。治療は心臓のレベルを上げる治療をしました。パーキンソン症候群の皆様、1度「上工治未病」をお試しください。

0 件のコメント:

コメントを投稿